これが私が人々に疑いの利益を与えるのをやめた理由です

ナタリー・アレン

私はかつて、誰にでも利益をもたらすことを完全に信じていたような人でした。みんないいと思ってみませんか?誰もが純粋な意図を持っていると思い込んでみませんか?

しかし、時には、この種の考え方は裏目に出る可能性があります。 たとえば、私の親友の1人が私を裏切った。多くの人が私を間違ってしました。人々は他人を間違って行う可能性があり、彼らを止めるものは何もありません。

しかし、真実は言われます、それは彼らのせいではありませんでした。質問をせずに、真っ向から彼らを完全に信頼したのは私のせいでした。正直なところ理由がなかったのに、彼らを信じたのは私のせいでした。 腸に逆らったのは私のせいでした持っていました彼らが私を傷つけることは決してないだろうと信じること。

しかし、私が見つけたのは、何があってもあなたを傷つける人がいるということです。

そして、あなたはあなたの生涯で何度もやけどをするでしょう。私たちは皆、人生のある時点で愛する人に裏切られます。 私たちは皆、私たちが永遠だと思っていた誰かに心を痛めさせられます。

誰もが私を好きになるわけではないことにようやく気づきました。誰もがあなたを好きになるわけではありません。誰もがあなたの友達になりたいとは限りません。誰もがあなたに恋をするわけではなく、あなたの幸福に関して誰もが善意を持っているわけではありません。



もう人々を信頼しないと言っているのではありません。みんなが悪いと言っているのではありません。 でも、お腹が悪くなったり、何かがおかしいと思ったりしたら、その本能に耳を傾けます。

私は彼らを肩をすくめて続けるつもりはありません。私は顔を真っ直ぐに叩いているものを無視するつもりはありません。

この世界にいるすべての人が善良であると信じたいからといって、自分を傷つけないでください。この人が善意を持っていると思っているからといって、危険な状況に陥らないでください。 あなたの心が「ノー」と叫んでいるとき、あなたの心があなたを導いてはいけません。あなたの心がなじみのない速度でレースを続けるとき、あなた自身を無視しないでください。

人々に疑いの利益を与えることは、ひどいことではありません。実際、それは信じられないほど立派です。 しかし、これはあなたの本能が大丈夫だと感じたときにのみ行ってください。安全だと感じた場合にのみこれを行ってください。あなたがこの人に快適に感じるという事実を知っているときだけこれをしてください。

みんないい人だと信じたいです。私を傷つける人は誰もいないと信じたい。誰も私を傷つけたくないと信じたい。しかし、答えを拒否しない人がいます。あなたが彼らを傷つけるのと同じようにあなたを傷つけたいと思う人々がそこにいます。

スリルのためだけに火遊びをする人もいます。

私は何度も火傷を負い、自分の本当の気持ちを無視し続けることができませんでした。私は何度も傷つき、見知らぬ人を心から信頼することができませんでした。だから、私は私を無視して終わりました。 実際に聴き始める時が来ました。今こそ自分自身に注意を向け始める時です。自分の意見を聞く時が来ました。