ボールに行く方法-あなた自身の人生に深く

taylor.munro.568

感謝の気持ちを1つ書いて送ってください。

あなたを少し怖がらせる人を選んでください-あなたが望んでいたとしても、あなたが彼らの顔にそれを言うことができなかった人。 「私はあなたが彼らに感謝しているときに人々に伝えることについてこのことをオンラインで読みました、そして私はあなたに感謝していると言いたかっただけです。」次に、その理由を説明します。気味が悪いのではなく、真実を伝えてください。

十分な水を飲む。

いいえ、でも本当に。 1日に約3リットル必要ですが、コーヒーは重要ではありません。私を信じてください-あなたが十分な水を飲み始めると(そしてそれはあなたが必要と思うよりもほとんど常に多いです)、それは雲の部分のようであり、太陽はあなたの人生とあなたの肌を照らします。

来週着る5つの衣装を計画するのに1時間を費やしてください。

かわいくて、自分の外見に誇りを持っているのは楽しいです。事前に服を計画しておくと、毎朝の準備のストレスが解消されます。見た目をいじってみると、今までにないものを組み合わせて、持っている服を最大限に活用することができます。私を信じてください。買い物に行く必要はありません。

夕食を一から作ることにします。

シンプルに保ち、誰かを招待して一緒に食事をし、自分の両手でそのひどい食事を作ったことを知って満足を楽しんでください。

あなたの分野で、仕事で誰かを特定し、彼らの頭脳を選ぶように頼んでください。

あなたは彼らの時間の30分かかると彼らに言いなさい、そしてあなたは彼らがしている仕事をどうやってやったのかについていくつかの質問があり、あなたの次のキャリアの動きについていくつかのアドバイスが必要なのであなたは尋ねている。 N.B.これはあなたが感謝の気持ちを書いた人であってはなりません…それはあなたがただ彼らをバタバタさせているように思わせます。



あなたがしたい方法を決定します感じる。

あなたがやりたいことではなく、なぜあなたはそれをしたいです。

自慰行為。

のように、きちんと。一日中コンピューターで作業している間、そして家に帰ったら鏡で自分自身を見て、セクシーな考えを考えてください。オイルバスに乗って、お気に入りのポルノをいくつか見て、本当にゆっくりと行ってください。

見知らぬ人を褒める。

これは私を怖がらせるので、私は定期的にそれをするように自分自身に強制します。 「ねえ、いい靴だ!」公衆トイレの次の鏡にいる女の子に必要なのはそれだけです。あなたは彼女の日を作ります。

気を散らすことなく、電話も本もパートナーもいないコーヒーを飲みに出かけましょう。バリスタとの会話を盛り上げます。

私が言おうとしているのは、見上げて世界に一瞬存在することだけです。

公園のベンチに10分間座ります。何が起こるか見てください。

友達が言ったことについて自分が本当に感じていることを抑圧しているとき、10分は驚くほど長い時間です。

自分撮りをソーシャルメディアに投稿して、最高の自分を探しましょう。

「今日はとても気持ちがいいので、それを記録しています!」と言う勇気を祝ってください。それはあなたを自己陶酔的にしません。約束する。

予算を書いて、クリスマスまで月額50ドルを確保する方法を考えてください。

12月が来る頃には、贈り物はすでに支払われており、オフィスで飲み物を買うために少しでも残っているかもしれません。

上司に電子メールを送信して、評価を依頼します。

フットボールマネージャーはシーズンの途中でしかフィードバックを提供しませんか?番号!それはひどいプレイヤーになります!良くなるためには、絶え間ない評価が必要ですが、それでもそれが与えられることはめったにありません。それを求めます。あなたがより良くなりたいことを証明してください。

1時間歩きます。どこでも。町を通って、田舎を通って、ただ歩いてください。

または、さらに良い:実行します。

自問してみてください。恐れていなかったら、あなたがすることの1つは何ですか。

これに正直に答えたら、それをしないのはとても難しいでしょう。

誰かを夕食に招待します。あなたの御馳走。

だからといって、誰かに楽しい時間を見せてあげるのは気持ちいいです。

自分を甘やかす:シバン全体を行います。フェイスマスク、ペディキュア、キャンドル。足を剃ります。絹のようなものをベッドに着てください。

あなたはそれに値する。

一致するパジャマを購入します。

上品なナイトウェアのせいで「まとまった」気分で目覚めない朝は絶対にありません。休日を正しく始めましょう。

お母さんに電話して、「ねえ、あなたは私のヒーローです、あなたはそれを知っていますか?」と会話を終了します。

彼女はそれを高く評価するでしょう。