すべてが大丈夫です

私の診療所は電子化されました。彼らはすべての医療ファイルをコンピューターソフトウェアシステムに入れました。今、私の風邪はすべてゼロとワンです。私は自分の健康に関して非常に警戒しています。まあ、それは強迫観念であるほど警戒ではありません。大丈夫になりたいだけです。

「「大丈夫」という言葉は口語表現です。これは、承認、受諾、同意、同意、または承認を意味します。 「OK」は形容詞で、何かが適切であることを意味します。それは、コンプライアンスまたは合意の感動詞(大丈夫です!)、および「同意」を意味する動詞または名詞である可能性があります。'はい'。これは、疑いを示したり(うーん、大丈夫…)、確認を求めたり(大丈夫?)するために適切な声のトーンで使用される多目的な談話マーカーです。 [1]

私の特定のタイプの心気症は微妙です。なぜなら、心気症が襲ったとき、私は通常、実際にある種の本当の病気を持っているからです。多くの場合、それらは他の人が待ったり、無視したり、市販の治療薬で押しのけようとしたりするものにすぎません。しかし、世界であまりにも少数の人々がそうするように、私が実際にヘルスケアにアクセスできるのなら、なぜそれを待つのですか?すべてが大丈夫であることを確認してみませんか?

おそらくこれが、私が最後に医者を訪ねたときに見たものの背後にある理由です。彼の新しいコンピューター化されたシステムから、私は関連する医療情報のリストを含むプリントアウトを受け取りました。ページの下部には、私の最後のいくつかの処方箋がありました。そのセクションには、「安心が必要」という表記がありました。

アランメトカルフの本によるとOK:アメリカの最も偉大な言葉のありえない話、この単語は、1839年にボストンポスト紙のジョークとして始まりました。このジョークは、「すべて正しい」ではなく、スペルミスのあるフレーズ「ollkorrect」の略語として「OK」を使用したことです。 [二]

数年前、何か骨が震える、何かコアが印象的、何かひどいことが私に起こりました。毎日ひどいことが起こるので、詳細に立ち入る必要はありません。あなたにもひどいことが起こった。多分彼らは今起こっています。



「オランダ語、ドイツ語、スウェーデン語、ポーランド語、フィンランド語、イタリア語、スペイン語、ウェールズ語、ヘブライ語、韓国語、日本語、フィリピン語…これらは、OKという言葉を採用した言語のほんの一部です。」 [3]

このひどい時間の真夜中に、私は自分自身にささやきました。すべてが大丈夫です。それは、ひどいことに直面して私たちが言う、ハックニーされたゾーンアウトのマントラのようなものです。常に真実であるとは限らないので、それは一種のばかげています。私の場合はそうだったとしても、当時はどうやって知っていたのでしょうか。

その健全な論理にもかかわらず、フレーズを何度も聞くだけで、物事が大丈夫になる時期を想像するのに役立ちました。しかし、私は物事が地獄の楽観的な意味で大丈夫だとは思いませんでした。また、何が起こっているのか、またはその影響を否定するような空の方法で物事が大丈夫だとは想像もしていませんでした。最後に、私は真の信者としての私にどんな種類の約束がなされたとしても、物事が大丈夫だとは絶対に想像していませんでした。

「ショットは[実際に] O.K。で交換されることはありませんでした。コラル、しかし[彼らは]近くにいて、カウボーイは弾丸が飛び始める前にそこで一日を過ごしました。」 [4]

'すべてが大丈夫になります。'すべてのクソ事は大丈夫になります。たぶん、人々が「すべてが大丈夫だ」と言うとき、彼らは個人レベルで私たちを参照していません。多分彼らは「大丈夫」が宇宙の休息状態であるかもしれないことを意味します。恐らくそれが彼らが非常に確信している理由です—ひどいことに直面して—「すべて」が何度も何度も「大丈夫」に戻るでしょう。多分彼らはあなたがそうでなくてもすべてが大丈夫であることを意味します。

「オーケー」は月で最初に話された言葉でした。

私はこの映画を見ていました最高のエキゾチックなマリーゴールドホテル、これまで「大丈夫」としか言いようのない映画であり、このキャラクターはその人気のある「大丈夫」の引用を繰り返し続けました。パウロ・コエーリョに起因することが多いが、時には不明、エド・シーラン(何?)、そしてもちろんジョン・レノンに起因するものをご存知でしょう。それで終わりではありません。」年齢や好みに応じて、装飾された文房具や装飾されたTumblrで何百万回も見たことがあります。

とにかく、私はいつも引用は少しばかげている、または少なくとも近視眼的だと思っていました。前提は非現実的なようです。物事は常にめちゃくちゃな方法で終わります。絶対に終わりであり、世界と大丈夫から離れた世界になる可能性のあるひどいことがたくさんあります。それを信じない人は、オノ・ヨーコに聞いたり、あなたに聞いたり、私に聞いたりすることができます。

8人目の米国大統領マーティンヴァンビューレンは、ニューヨーク州キンダーホック出身でした。彼のキャンペーン中、オールドキンダーフッククラブ、または「OK」ニックネームも「OK」だった会長を支援するために結成されたクラブ。 [5]

一般的に「OK」または「OK」と綴られますが、私は常に「大丈夫」と綴ります。これは、文法的な高みによるものではありません。他の2つのつづりが間違っていて、このつづりを私の頭蓋骨に打ち込んだことを断固として主張したのは、私の脚本家の1人のせいです。彼は私が彼に提出したすべてのスクリプトで何度も何度も修正を繰り返し続けました。ちょっと面倒だと思いました。綴りを書き出すのに時間がかかりましたが、繰り返しの純粋な意志が私を変えました。

「…クリーク戦争中、チョクトー族はアンドリュージャクソンの軍隊に500人の兵士を寄付しました。 …戦闘中に、ジャクソンはプシュマタハにイギリス軍との戦いがチョクトーの分遣隊のためにうまくいったかどうか尋ねたと言われています。プシュマタハはチョクトーの言葉で答えたと思われますが、それは物事が大丈夫だったことを意味します。ジャクソンはその言葉が好きで、自分で使い始めました。その言葉は大丈夫だった。」 [6]

ですから、私の医者は良い医者です。彼の診断は正しい。安心が必要です。結局のところ、何かひどいことが起こったとき、真夜中に、私は何度も何度も自分自身にささやきました。「すべてが大丈夫です。」繰り返しの純粋な意志が私以外の何かを変えたとは思えません。

「すべてが大丈夫だ」というのが本当かどうかはまだわかりません。しかし、それはこの場合でした。ええと、実際にはそれは完全に正確ではありません。実際、それはリモートでさえ正確ではありません。すべてが大丈夫ではありません。でも私はそうよ。


[1] YngveビクターH.「Edgewiseで単語を取得することについて、」シカゴの第6回地域会議からの論文で。シカゴ:シカゴ言語学会((1970年)p。 567-577。

[二] メトカルフ、アラン、OK:アメリカの最も偉大な言葉のありえない話、ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、2011年

[3] ニックス、デンバー「OK、OK、OK」 デイリービースト 2010年12月8日

[4] ニックス、2010年。

[5] 読んで、A.W。 (1941年7月19日)。 「「OK」に関する証拠」土曜日の文学レビュー

[6] ケイ、サミュエル、ワード、ルーファス、キャロリン・ノー、内陸の川の流れによって:1825年までのミシシッピ州コロンバスの定住、コロンバス:カミツキガメプレス、1992年。

画像– 思考カタログFlickr